Japan / Tokyo, Yokohama 2013-2015 “Buildings”

生越文明写真展『Japan / Tokyo, Yokohama 2013-2015 “Buildings”』を開催させて頂きます。

 

東京から横浜にかけて沢山のビルディングが建ち並ぶ。

いったい何処から東京で何処からが横浜なのか。

電車の車窓からでは、街の境目すら皆目わからない。

「日本人は、どうやって東京と横浜の区別をつけるんだい?」
友人のドイツ人の問いに明確に答えられなかった。

しかし、不思議なことに仔細にみると同じ形のビルディングは、
ふたつと存在はしない。

これらはすべて誰かが造り上げたデザインなのだ。

直線であろうと、曲線であろうとカメラのファィンダー越しに、
美しい幾何学模様を発見したとき何故だか最高に嬉しくなる。

複雑な模様になればなるほど、嬉々となる自分がそこにいる。

唐突に幼少期に、全ての自動車の形を覚えるときの感覚が蘇った。

形に特徴のある部分を抜き出して記憶していたことを思い出した。

いまも無意識にデザインを作り直す作業を続けている。

生越文明

 

Between Tokyo and Yokohama is one continual line of buildings.

It is not obvious as to where one city ends and the other starts.

Looking out of the train window, you would not have the slightest idea where the border between them is.

“How do Japanese people differentiate between Tokyo and Yokohama?” asked a German friend. I did not have a clear answer for him.

However, the strange thing is, if you scrutinize things further, the exact same shaped building cannot be found anywhere.

All of these buildings have been designed by somebody.

Whether they be straight lines or curved, when I discover beautiful geometric patterns through the camera’s viewfinder, I am extremely delighted.

The more complex the pattern, the happier I am.

I am suddenly taken back to my childhood and the feeling I got when I remembered all the various shapes of cars around at that time.

I remembered all the shapes of the cars by memorizing a particular portion of their design.

Even today, I unconsciously continue to rework design.

humiaki ogoshi

開催概要

スケジュール
2016-02-12〜2016-02-21
火曜~金曜:13:00~20:00、土曜・日曜:12:00~19:00、最終日(21日):12:00~17:00
関連イベント
「CRP」:Kindle版写真集”Buildings" 発売開始(1月下旬リリース予定)

プロフィール

生越文明(おごし ふみあき)

1958年横浜市に生まれる。

大学卒業後の1981年から2001年まで京都市及び宇治市に在住。

ドイツ短期駐在を経て、現在、横浜市在住。

32年間のサラリーマン生活に終止符を打ち、フリーランスとなる。

2009年よりオリンパスデジタルカレッジで写真家 斎藤巧一郎 氏に出会い、

写真を本格的に始める。 同時期に写真家 佐々木啓太 氏 並びに清水哲郎 氏からも多大な影響を受ける。

2013年より日本写真学院で写真家 岡嶋和幸 氏に指導を乞いマスタークラスまで

終了する。 主な写真展は「めぐりあい」(東京・熊本)などがある。

Birth place is Yokohama in 1958. Fumiaki Ogoshi lived in Kyoto and Uji city after the graduation of university.

After short-term residence in Germany, I am living Yokohama city again.

I resign as an engineer for 32 years and become the freelance.

I meet the photographer “Mr. Koichiro, Saito” in Olympus digital college from 2009, and begin a photograph seriously.

At the same time, I was influenced by the other photographers “Mr. Keita, Sasaki” and “Mr. Tetsuro, Shimizu”.

In 2013, I started to learn about a photography at “JCOP (Japan Center of Photography)” and finished to a master class under the instruction of the photographer “Mr. Kazuyuki, Okajima”.

The main photo exhibitions are “Meguriai” in Tokyo and Kumamoto.